確定拠出年金(401K)に加入する前に!!!その①

確定拠出年金、これに関しては旦那様に去年から散々お願いしてるけど、
にこくまと違って投資に全く興味がないから、今までスルーされ続けてきたのですが、
今年こそは何とかお願いしたいと思ってるので、確定拠出年金についてもう少し調べてみる事にしました。

理由は、節税メリットがあって所得税・住民税を大きく減税することが可能だから、
「こんなお得な制度はない」「やらなきゃ損」とか、あまりにもいい事ばかりしか聞かないので、
本当にデメリットや落とし穴はないのか?・・・と思ったからです。

それに確定拠出年金は60歳までは何が何でもやめることができないでしょ・・・。
だから、旦那様にお願いしておいて今後迷惑がかかっても困るし・・・。

ということで確定拠出年金は退職金の代わりに用意する企業が増えているので、
最近は知っている人も多いと思いますが・・・、

毎月掛け金(積み立てる形)を支払い、退職時まで自分で運用(定期預金や投資信託など)するという
福利厚生の一種で、どちらかと言うと、年金というより自分で作る退職金ってとこですよね。

で、旦那様の会社には企業型の確定拠出年金制度がないから、もしも加入する場合、
個人型の確定拠出年金になり、(厚生年金被保険者)毎月2万3000円まで上限として
全額所得控除でき、運用期間中の収益に税金が掛かからず、受給する際には公的年金等控除を受けられます。


   要点をまとめると・・・、 
  
   ・掛金全額が所得控除の対象
  ・運用により得られた利益は非課税
  ・受給時も退職所得控除や公的年金等控除の対象


   とにかく税金上のメリットが大きいということ!!!

★金融機関がぜったい教えたくない年利15%でふやす資産運用術 [ 竹川美奈子 ]
★自分でやさしく殖やせる確定拠出年金最良の運用術 [ 岡本和久 ]


このように税制の優遇があるので、現在加入されてる方も多いかと思います。
厚生労働省のHPによると、(平成27年11月末現在])事業所登録が148,055事業者、
企業型年金加入者は約5,463千人,個人型年金の加入者は計242,046名でした。→厚生労働省のHP

で、唯一のデメリットに上げられることは、原則として60歳までお金を引き出せないという点と、
毎月継続的に手数料を支払う必要があるということぐらいではないでしょうか・・・?

にこくま(旦那様が)が、確定拠出年金を加入するにあたって気になる点は・・・、
個人型確定拠出年金に加入後、会社で企業型確定拠出年金が導入されたらどうなるのか?

個人型と企業型の両方加入することは出来ないから、個人型から企業型に移行するんだろうけど、
その場合、スムーズに企業型確定拠出年金に移換できるのか?
会社の総務課にお願いすればそのまま資金って移せるの?
投資信託を選択してる場合一旦解約しなくていいの?などなど・・・。

また、転職して企業型確定拠出年金がある場合やない場合、もしくはまた自営業になった場合など・・・。
今から考えても仕方ないかもしれないけど、後で困るのがどうしても嫌なので・・・。

↓持ち運びは下記の表を見ればよく分かりました↓
無題
※損保ジャパン日本興亜DC証券株式会社より画像をお借りしました。年金の持ち運びについて

上記の表を見ると、公務員や企業の従業員・公務員等の配偶者が加入者資格なしになってるけど、
旦那様が今後公務員になることはないし、(←もうなれない)専業主夫になることもないから、
まずどちらも関係ない。

そして次は、転職先に企業型確定拠出年金制度があれば移換できるからいいんだけど、
厚生年金基金・適格退職年金・確定給付企業年金がある場合は加入資格を失うとなってるので、
転職する時は、注意が必要ということですね!
ただ、適格退職年金は2012年3月に廃止されてるので、厚生年金基金と確定給付企業年金が該当します。

だから、この加入者資格なしに該当してしまった場合、それ以降の拠出ができなくなってしまうので、
前述の所得控除のメリットを受けられないばかりか、毎月の口座管理手数料が掛かってしまい、
それまでの確定拠出年金の資産があっても「運用指図者」という今後は掛け金を支払わないのに、
今まで積み立てた資金の運用だけを行うことになってしまうので、残高が少ない場合は厄介ですね・・・。
「運用指図者」にも手数料がかかるし・・・。

ちなみに、上記の表でも分かるように口座残高が1万5千円以下の場合は誰でも脱退一時金が受取れます
また、この他確定拠出年金の加入期間が3年以下の場合や口座残高が50万円以下の場合などで
その他の一定の条件を全て満たした場合は脱退一時金を受け取ることができるけど、
本来の目的に則さないこともあり、受領要件がかなり細かく定められてて条件も複雑だから、
基本的には60歳まではお金が受け取れないと思っといた方がいいかも・・・。
何か、終身保険とかと同じような感じ?ですねー!?

なので、他の企業年金制度のように中途退職しただけでは
脱退一時金の支給要件に該当しないということ
!!!

じゃあ、東日本大震災で失業した人はどうなったの?って思ったら、(平成23年12月26日)
東日本大震災復興特別区域法(復興特区法)により、内閣総理大臣の認定を受けた場合、
脱退一時金の支給要件が特例的に緩和されていました。(平成28年3月まで)→岩手県花巻市のHP

それから、会社を辞めて(失業)6カ月以内に個人型などへ移す加入手続きをしないと、
追加拠出も運用指示もできなくなって、これまでの年金資産は自動的(自動移換手数料が3,150円)に
国民年金基金連合会に移され(仮預かり)、その後毎月50円(年間600円)の手数料で管理だけされる
から
個人型に切り替えて運用すればいいんだろうけど、転職先がなかなか決まらなくて経済的に厳しい場合も
あると思うんですよー。
収入がないのに、個人型に加入するのもね・・・。

それに仮預かり中は加入期間としてカウントされないから、そのまま放置しておくと60歳以降、
給付金を受け取れる年齢が上がったり、加入期間不足で受け取れないこともあるみたいだし、
受け取るためには、一旦個人型確定拠出年金に移してからになるから、(別途手数料)
いずれにしても、放置せず忘れず6か月以内に手続きしておかないと面倒なことになりますね・・・。

数年前まで旦那様は自営業だったから、この先「会社辞める!」なんてことを言わないとも限らないから
どうしても、にこくまは気になるんです・・・。

なので、退職金代わりに導入する企業も増えてる中、きちんとした制度の説明も受けずに、
ほぼ強制的に?加入させられていた人や、「節税になるよ!やらないと損!」というメリットだけ聞いて、
なんの気なしに加入してしまうと、会社を辞めた時に困ることもあると思います・・・。

例えば今の会社を辞め、確定拠出年金制度には短い期間加入してたとします。
そして、金銭的に厳しいから月々の掛金をかけず、運用指図者になった場合、
退職時に数万円程しか残高が残ってなかったら、毎月の口座管理手数料で運用どころか赤字?になって、
年金受け取る頃にはすっかり目減りしてるなんてこともあるのではと思うんですよ・・・?
退職する時点である程度の大きな残高があればいいのですが・・・。

そう考えると、特に結婚などにより数年働いて会社を辞めてしまう可能性のある女性は
加入前に資料をよく読み、確定拠出年金の仕組みをよく理解し、
制度について十分納得した上で加入した方がいい
と思いました。

加入するのは簡単だけど、様々な事情により解約したいと言うと・・・、
「年金」だから「法律で決まってる」からと、解約(脱退)出来るのは狭き門でしょ・・・。
今年制度の見直しも検討されてるみたいだけど、どうなるんでしょうね・・・。

とは言っても、将来の老後資金の積立という目的で確定拠出年金活用する場合や、
サラリーマンで長年働く可能性の高い男性にとっては、とてもいい制度と思うので、
もう少し分かりやすく加入者にやさしい年金制度に改善してくれれば嬉しいなぁ・・・。


FXお取引デビューで5,000ポイントプレゼント!≪楽天FX≫


ランキングはこちらをクリック! y07.gif 応援して頂けると o0096002010333203168.gif
人気ブログランキングへblogram投票ボタンブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にこくま

Author:にこくま
はじめまして・・・٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
関西在住で、子供のいない専業主婦のにこくまと申します。
数年前まで旦那様が自営業だったため毎月大きな出費が多く貯金が全く出来ませんでした。
また保証もなく年金も少ない老後不安から一時は海外投資も検討しましたが日本で投資信託を始めました。
きっかけは毎月分配型の投資信託を勧められたことですが、運用効率が悪いので解約したいと思いつつ分配金の誘惑を断ち切れず、ズルズルと保有し続けています・・・。
難しいことはちっともわかりません・・・。

ありがとうございます♪
heart1036.jpg illust3283_20160206233252e59.png heart1036.jpg こんなつたないブログにご訪問してくださり心から感謝申し上げます。 今日も皆様にとってhappy♪で素敵な一日でありますように・・・(*'▽')/
最近のコメント(コンパクト)
♡コメント有難うございました♡
データ取得中...
全記事一覧

2017年 10月 【8件】
2017年 09月 【8件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【9件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【14件】
2016年 06月 【15件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【12件】
2016年 01月 【16件】
2015年 12月 【19件】
2015年 11月 【20件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【10件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【10件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【1件】

FC2カウンター
管理メニュー
リンク(✿╹◡╹)ノ
カテゴリ
保有投信(毎月分配型)
illust3277.png illust3277.png ☆野村豪州債券ファンドDコース
☆短期豪ドル債オープン
☆ファデリティUSリートB
☆ノムラマスターズUSリート
☆ラサールグローバルREITファンド
保有インデックスファンド
illust3277.png illust3277.png 楽天証券
☆eMAXIS新興国株式インデックス
☆SMTグローバル株式インデックスオープン
☆ニッセイ日経225インデックスファンド
☆外国株式インデックスファンド
☆世界経済インデックスファンド
☆ニッセイ外国株式インデックスファンド
☆たわらノーロード先進国株式
  毎月1,000円から投信積立 ↑楽天ポイントも貯まるよ♪
長期積立予定の保有投信
illust3277.png illust3277.png ☆セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 月々5,000円から始める長期投資! ☆ひふみ投信 ひふみ投信 月々10,000円からの資産形成!
紹介制度で稼ぐポイントサイト!(永続報酬型)
illust3277.png illust3277.png お友達が獲得したポイントの50%が永続的にもらえます♪ お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
げん玉とリアルワールドのお友達共有ポイントサイト
illust3277.png illust3277.png げん玉にはリアルワールドにない250Pが付くので、先にげん玉からの登録がお勧め!
 
げん玉に登録でリアルワールドも利用できます!(アカウント共有)
ふるさと納税はこのポイントサイト経由がお得♪
illust3277.png illust3277.png ポイント還元率NO1!提携先2000社以上! ネットショッピングに! 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
アフィリエイトするなら絶対外せない!
illust3277.png illust3277.png 自分で商品を買っても報酬が手に入るセルフバックが可能!楽天やAmazonの商品も紹介できるよ! 「成約報酬型」だけじゃなく「クリック報酬型」プログラムもあるよ! もちろん自己アフィリエイトもね!
貼るだけ広告バナーで初心者でも稼げるアフィリエイト
illust3277.png illust3277.png 「貼るだけ広告バナー」や「バリューポイントクラブ」自己アフィリエイトも、ヤフーショッピング、ヤフオクのアフィリエイトもあるよ!
報酬額に消費税分が上乗せして支払われるアフィリエイト
illust3277.png illust3277.png 「スマイルモール」という自己アフィリエイトも用意されてるよ! カンファレンスバナー
バナーを貼るだけでもOK♪簡単アフィリエイト
illust3277.png illust3277.png 友達紹介報酬はひとり600円! 登録してね♪
初心者におすすめアフィリエイト
illust3277.png illust3277.png ここもセルフバックできる! アフィリエイト 成果報酬型とクリック保証型!
FC2アフィリエイト
illust3277.png illust3277.png
アフィリエイト・SEO対策 FC2ブログランキング
以前コメントをくださったYS様
FとSを申し込みの件ですが、にこくまもどこで申し込めばいいかわからないまま 時間だけが過ぎ、結局海外投資はしておりません。 そのためどうお答えしたらいいかのか?と悩み、お返事が遅くなり、 またこんな形でのコメントをお許しくださいませ。m(_ _)m 現在このブログを見てくれてるかわかりませんが、お力になれず本当にごめんなさい。
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示